仕組み=婚活?!仕組み化をわかりやすく婚活で例えてみた

仕組みを婚活で例えてみた アイキャッチ画像 ネットビジネス

こんにちは、ことらです。

以前のブログでネットビジネスの基礎について記事(下記参照)を書き、ブログやSNSなどを使った「仕組み化」について紹介しました。

ネットビジネスは怪しい?ネットビジネス初心者が知っておくべきビジネス基礎知識

現在、私が勉強しているこの仕組み化ですが、もっとわかりやすく伝える方法はないかな?と考えたところ、「仕組み」を「婚活」で例えたらわかりやすい!

仕組み化はネットビジネスで不労所得を得るためには重要なことなので、婚活を例にして詳しく解説します。

仕組み化について

まず、仕組み化はDRMと言われていて、ブログやSNS・メルマガなどを使って集客・教育・販売を行います。

集客・教育・販売をもっと細分化すると、

  1. リサーチ:悩んでいること、求めていることを調査する
  2. 集客:SNSやブログで自分の発信に興味のある人を集める
  3. リスト化:メルマガやLINEでお客様の連絡先を取得する
  4. 教育:メルマガやLINE、YouTubeやブログなどで価値観の共有や信頼関係の構築をする
  5. 販売:セールスレターで商品の説明や、購入するメリットを伝える
  6. 決済:商品を購入してもらう
  7. アフターフォロー:築いた信頼関係を維持・向上させる

という流れになります。

文字にしてみると単語だけなので、ちょっと分かりづらくありませんか?

そこで、わかりやすく婚活を例にして1~7を見てみましょう。

「婚活」で見る仕組み化

婚活の場合、結婚相談所や婚活アプリ、婚活パーティーなど方法は様々ですが、最終目標は「結婚」という同じ目標となります。

では、仕組み化を例にして見てみましょう。

1.リサーチ

婚活市場において、「どういう人がモテるのか」「世の女性・男性が求める理想像とは」など婚活をしている人たちの求めている条件について調べます。

2.集客

リサーチした情報を元に、婚活する人たちが求めている人物像になっておく必要があります。

そのうえで、出会いの場に行きます。

結婚相談所や婚活パーティーで実際に会ったり、婚活アプリに登録して相手を見つけたり。

そうして、婚活している人たちに自分を認知してもらいます。

私は婚活してます!というアピールをしないと、誰からもスルーされてしまいますからね。しっかりと「婚活している私」をアピールです。

また、事前の準備もせずに婚活市場に飛び込むと、なかなか相手を見つけられなかったり、まったく振り向いてもらえないということもあります。

事前のリサーチは重要です。

3.リスト化

出会いの場に出て、気になる相手が見つかったなら、次は連絡先を手に入れることですね。

でも、いきなり「連絡先を教えてください」と言われたら、ちょっと教えるのためらいませんか?私だったら警戒しますね。

「美味しいお魚が食べられるお店があるから、今度一緒に行きませんか?」とか言ってもらえば、「お魚の美味しいお店行ってみたいな」と思いますよね。

何か口実がある方が聞かれた側も連絡先を教える警戒感が薄れるので、連絡先を取得しやすいです。

4.教育

連絡先を交換したら電話をしたり、デートに行ったりします。

その時、内容の薄い話や、楽しくないデートだったらどう思います?「次の人探そうかな」と思いませんか?

教育というのは相手に喜んでもらう・楽しんでもらうことです。

この人と一緒にいると面白い!楽しい!と思ってもらうことで、信頼を獲得することができます。

5.販売

販売を言い換えると「オファー」になります。

婚活で言うオファー、つまり告白ですね。

その時に自分と付き合うメリットの説明があるといいですね。

例えば「美味しい手料理が食べられますよ」「マッサージが得意なので疲れた時はほぐします」など、ぐっと心を掴むメリットが提示できるとより成功率は上がります。

6.決済

ネットビジネスで言う決済は、「購入」ということになります。

婚活で言うと、それは「結婚」ですね。

おめでとうございます!です(≧▽≦)

7.アフターフォロー

でも、結婚が決してゴールではありません。

「結婚して人が変わった」「結婚したら何もしなくなった」では、パートナーに嫌われてしまいます。

結婚生活を長く続けるには、良い関係を長く築く必要があります。

結婚後も相手を思いやり、しっかりと話を聞くことや楽しませる努力を忘れてはいけませんね。

 

リサーチからアフターフォローまで、婚活で例えることができるのは面白い発見です。

ちなみに、仕組み化の流れを婚活に置き換えたら、婚活の必勝法にも使えそうです。

仕組み化をきちんと知ることで、いろいろな活用法も見出せますね。

私は婚活に置き換えて考えましたが、恋愛や就活に置き換えて考えることもできますよ!

まとめ

DRMってなんだろう?仕組み化ってなんだろう?という疑問も、婚活に置き換えたらわかりやすい!

単語だけで見るとイメージがわきずらいけど、単語という抽象的なものを具体的に直していく、今回で言うと婚活に置き換えるとわかりやすくなりますよね。

リサーチからアフターフォローの仕組み作りをしっかりと行うことで、お客様との濃い信頼関係を作ることができます。

信頼関係を築いたら、その人からのオファーも信頼があるので商品の購入がしやすくなります。

そして仕組みをしっかりと把握すれば、今回の婚活のように婚活必勝法などを作ることもできますよね。いろいろと活用方法が考えられます。

不労所得のビジネスを目指すなら仕組み化を理解することは必須となりますので、この記事を何度も読み直してくださいね!

=========================================

このブログや記事に興味を持ったら、一体どんな人が書いているんだろうと気になりませんか?

パーソナリティー障害の旦那さんと39歳で結婚した主婦の私がどうしてネットビジネスをを始めたのか?

このブログを運営する私ことらについて、下記のプロフィールで詳しく紹介しています。

パーソナリティー障害の夫と39歳で結婚した「ことら」はどういう人?【自己紹介】

タイトルとURLをコピーしました